現在、i-DESIGNでは「あんぴインフォ.net」をクラウドファンディングでご支援いただきたく準備をしており、その概要が出来ましたので少しお知らせいたします。

あんぴインフォ.netは、避難所別に個人の安否確認ができるwebシステムです。

避難している方の協力を得て離れて暮らす家族や知人の安否確認が行え、避難所から現状を伝えることができます。

あんぴインフォ.net

使い方

災害発生時 あんぴインフォ.net(www.anpi-info.net)へアクセス
※現在β版として天草市のみ公開中

1.ご家族ご友人の安否を問い合わせたい時
該当する避難所の掲示板に、安否確認したい方の「お名前」 「大まかな住所」等を書き込み、避難所からの回答を待つ

2.ご自身が避難していることを伝えたい時
該当する避難所の掲示板に、ご自身の「お名前」、「大まかな住所」、「メッセージ」等を書き込む

3.避難所の状況を伝えたい時
該当する避難所の掲示板に、「避難状況」(避難している人数、ケガ人がいるかどうか、現在の状況、足りないもの等)を書き込んでください

※あんぴインフォ.net は回答にご協力いただく方の善意で成り立っています
※災害時混乱の中での回答になるため、緊急時の一時的安否確認という位置付けでご利用ください

具体的な内容は、

災害時に自治体指定避難所に避難した家族や友人の安否確認や自身の無事を確認できるwebシステムを作り、スムーズな安否確認や、離れたところにいる家族がネットを使えない高齢者の避難状況を確認できるようにする。また、指定避難所別の状況や必要な物資を書き込めるようにする。

 です。

このシステムの最重要な部分である「安否確認の回答」ですが、回答者の善意に頼ることになります。

各避難所で回答いただく方は全員被災者で避難中という大変な状況にありますが、熊本地震でも被災者として被災者を支える姿がいたるところで見られました。

おそらく東日本大震災でも阪神大震災でも同じ光景があったはずです。

このように震災という大変な中でこそ私たちの良心はより光り輝くものだということを再確認しました。

そして、仮に熊本地震発生時にあんぴインフォ.netが機能していれば安否確認への回答は行われたはずだと考えています。

このような考えで、あんぴインフォ.netの構築を進めていこうと思っています。

ご支援よろしくお願いいたします。

関連記事

i-DESIGNからのお知らせ

あんぴインフォ.netについて②

クラウドファンディングに使う予定の本文を先にこちらで紹介します。 〇プ 続きを読む …